こんにちは。健康アドバイザーのSAORIです。

ことわざに『腹八分目に医者いらず』とありますが、ことわざ辞典によると、「お腹いっぱいまで食べるよりも、腹八分目程度に抑えて食べるほうが体には良い」という、暴飲暴食を戒めることわざとして、昔から使われてきたのです。

私も時々、ストレスによって暴飲暴食をしてしまいそうになりますが、果たして、本当に腹八分目の食事が長寿につながるのか? それは、なぜなのか? をここで分析しながらお話ししたいと思います。

140519saori

アメリカのウィスコンシン大学がサルで実験

アメリカのウィスコンシン大学では、ウェインドルック博士たちがサルを使って、腹八分目の食事は長寿につながるのかを実験しました。

一日の食事カロリーを7割に抑えたサルと食事制限は一切しないサルとでは、食事カロリーを抑えた腹八分目サルの方が発病の確率も低く、寿命も長いという実験結果が出ました。

この研究は、アカゲザルを使って20年もの歳月をかけて行われたもので、研究結果は2009年に発表されたものです。

食べ過ぎを控えると、細胞の掃除システムのスイッチが入る

人間が長く生きるために働く長寿遺伝子のことを“サーチュイン”と言いますが、毎日の食事カロリーを7割に抑えることで、サーチュインを活性化し、老化防止、長生きにつながると金沢大学が発表しています。

さらには、ウィスコンシン大学の研究では、食事カロリーを7割に抑えることで、細胞にたまっている不要物を掃除するオートファジーという掃除システムのスイッチがオンになり、それによってサーチュインの活性化にさらに拍車がかかると発表しています。

細胞にたまる不要物は、細胞分裂の際に残るものです。

栄養バランスをとりながら腹八分目を目指す

腹八分目の食事というのは、食事の量やカロリーをただ減らせばいいというものではありません。それでは、栄養不足になってしまう恐れもあります。

一日30品目は食べるようにという話を聞いたことがあると思いますが、栄養バランスは十分に保った上で、食事量とカロリーを減らすのがコツなのです。

●ライター/SAORI(健康アドバイザー)